【ジュビリーエース(Jubilee Ace)】フォーブス掲載の真相が判明。ウソか本当か分かりました!

その他

ジュビリーエース(英:Jubilee Ace)はアービトラージを利用し負けない投資と謳われており怪しいと様々な憶測が飛び交っております。

しかし、現在は関東財務局から調査が入っており回答待ちとなっております。(2020.12月時点)

今回はジュビリーエースが世界的ビジネス雑誌『フォーブス』に掲載され話題になった件を調査しました。掲載当時は様々な反響があり、「ジュビリーエースが世界に認められた!」など一部歓喜の声も聞こえたほどでした。

このフォーブス掲載がウソか本当か真相が判明しましたのでぜひご覧ください。

この記事を書いた人:妻子を持つ地方サラリーマン。日常会話レベルの英語は話せるので今回英語の記事を正確に読み解いていきます。住宅や暮らしに関することや資産運用、転職などの情報を発信しています。お役立て頂けると幸いです。現在30歳。

本記事はジュビリーエース(Jubilee Ace)を推奨・否定するものではありません。ご自身の自己責任であくまで判断材料としてご参考ください。

【ジュビリーエース(Jubilee Ace)】フォーブス掲載の真相が判明。ウソか本当か分かりました!

フォーブスの実際のページから読み解く

Forbes India:Interview with Jubilee Ace’s Tony Jackson, developer of new fintech applications
Forbes India:Interview with Jubilee Ace’s Tony Jackson, developer of new fintech applications

実際に見てみると記者とジュビリーエースのCEOと名乗る「Tony Jackson」とのインタビューのやり取りが書かれています。ジュビリーエースの革新性や今後の展望などをアピールしている内容でした。

普通に読んでいくと何も違和感はなかったのですが、文末あたりに問題ありそうな箇所を見つけてしまいました。

Forbes India:Interview with Jubilee Ace’s Tony Jackson, developer of new fintech applications

簡単に翻訳すると

免責事項:本ページは広告と同様の扱いになります。フォーブスインディアの記者が作成したものではありません。

さっそく答えが出ましたね。この記事はフォーブスが作成したものではなく広告です。ということはこのインタビューはジュビリーエースが自ら行ったものになります。ほぼ自作自演と言っても差し支えないと思われます。

まとめ フォーブス掲載は広告

ジュビリーエースのフォーブス掲載は広告であり、自作自演である可能性がある。

ジュビリーエースは自らこのインタビュー形式の記事を作成しそれをフォーブスに広告料を支払い掲載しているに過ぎないということです。やろうと思えば色々反論できそうなものですが、さすがに今回は自作自演の可能性は否定できません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました